【体験談】どうして海外製品の液晶タブレットのほとんどのものがネットでしか買えないのか。探し回ってやっと手に入れた情報。

雑記
スポンサーリンク

こんにちは、ねっこです!

ねっこ
ねっこ

海外製品の液晶ペンタブレットをネットで購入する前に、実際に実物を見たい触れてから買いたいな。あれ?電気屋に来たけど、どこにも売ってない!なんでだ??

と、思ったことありませんか?

ねっこはあります!

1度は自分の目で確かめて実際に商品に触れて海外製品は大丈夫!って安心して購入したいじゃないですか!

現実問題、私の周りに液晶ペンタブに詳しい人が1人も居ません。なので、頼れるのは電気屋の店員さんだけです。

ねっこ
ねっこ

結局口コミ見ても、良いのか悪いのかわけ分からんくなった!

とりあえず電気屋行けば置いてあるでしょう!

店員さんに教えてもらおー♪

という軽い気持ちで電気屋まで足を運びましたが、これが結構大変な道のりでした。

私の体験談を交えながら電気屋で得た情報をお伝えしようと思います。(場所は福岡県内で探しました。)

「何故、日本では海外の液タブが売っていなくてネットでしか買えないのか」が分かるかと思います。

至らない点もあると思いますが、楽しんで頂ければと思います。

ねっこ
ねっこ

初めに、

私はものすごく機械製品に関してあまり知識がありません。

それを踏まえた上でお読みください。



スポンサーリンク

まず、店員さんに聞く時は「液晶タブレット」じゃなくて「液晶ペンタブレット」と言うように心がけよう!

まず最初に、液タブ探したくて店員さんに聞くときの注意点として、

「液晶ペンタブレットはどこですか?」と聞くようにするとスムーズに案内される確率があがりますよ。

実際にあった体験です。

某電気屋

ねっこ
ねっこ

液晶タブレットを探しているんですが、こちらに置いてありますか?絵が描けるやつなんですけど。

 

液晶タブレットですね!はい!ございますよ~

って案内されたのはよかったんですけどね!

 

うん!↑これじゃない!笑

お兄さ~ん、そっちのタブレットじゃないよ~。

確かに絵を描けるけれども!ある意味正解っちゃ正解なんだけれどもさ!

これは完全に私の説明不足だったので、

ねっこ
ねっこ

私の説明不足でごめんなさい。液晶「ペン」タブレットの方ですね!

あ~、そっちの液晶タブレットですね、当店では置いていない商品ですね^v^(営業スマイル)

 

という体験を経た後から必ず

ねっこ
ねっこ

液晶「ペン」タブレット置いていませんか?

というようにしました。

ペン」を強調して伝えるようにするとスムーズに案内されますよ!

スポンサーリンク

はしごして帰ってくる言葉は「当店には置いていない商品ですね^^(営業スマイル)」

そんな経験をした後は、別の日に妹を連れて、大型店舗のビッ○カメラ、ベ○ト電器、ヨドバ○カメラ等へはしごの旅です。

しかし、液晶ペンタブコーナーはあるけれども取り扱っているものがWACOM製品、もしくは液タブ自体が置いていませんでした。

「当店には置いていない商品ですね^v^(営業スマイル)」

と海外製品の取り扱いを聞いても、きらきら営業スマイル対応でした。深い理由も分からず・・。

それでも

ねっこ
ねっこ

どこかに絶対マニアックな店長が仕入れてくれているだろう!

と変な自信があったので、さらに自分の思い当たる電気屋に行きます。

しかし、どこに行っても

「当店には置いていない商品ですね^v^(営業スマイル)」

行けば行くほど

「当店には置いていない商品ですね^v^(営業スマイル)」

聞きあきたわーい!キラキラ営業スマイルのやつぅー!!

行けども行けども同じようなセリフばかり・・(この時点で6店舗目)

まぁ大抵マニュアル通りにいいますわな!

限られた時間の中で棚入れ作業とか自分の仕事したくなりますよねー!

もう一層のこと、メロディーをつけてしまえばいいよ!

「当店にはぁぁぁ♪置いていなぁぁぁい♪商品ですねぇぇぇーーー♪^V^(営業スマイル)」

はしごしすぎて壊れます。

スポンサーリンク

やっと出会えためっちゃしゃべるエンジェル店員。

その後、歩きすぎて足も疲れ、心も疲れてきたので、もう適当な所の電気屋に入って、適当にゲーム専用PCコーナーで見慣れないゲーム画面のきれいさにめっちゃキレイだね~。っと妹と適当に店内回っていたら、

このPC画面すごくきれいでしょ!

とお兄さんの声。

あるあるきましたね、来店したお客さんに声をかける接客術!

私はこれがものすごく苦手で、適当に話合わせるか、軽くそっけなくしています。

自分から聞くのは大丈夫だけど、話しかけられるのは苦手・・。

しかし、なぜかその店員さんは私がそっけなくしても、聞いてもいない事をめっちゃくちゃしゃべってくるんですね。

このグイグイ来る接客が私の疑問を解決してくれた店員さんとの出会いでした。(7店舗目で情報GET!)

ねっこ
ねっこ

そっちがグイグイ来るならこっちもグイグイ行きますよーー!

と何故か変なスイッチが入り、お兄さんとヒートアップ!

知ったかぶって、お兄さんが今のテレビ画面の解像度数を押してくるから、

「今のテレビ画面は4K対応でなんてらかんてら~」というので、

 

画面解像度を言葉で表した表を頭の中で思い出しながら(※あくまでもねっこの解釈です。)

①HD:(1440×1080) → キレイだね(普通のテンション)

②フルHD:(1920×1080) → うわぁ~キレ~イ!(心躍るテンション)

③4K:(3840×2160) → すっっげーキレーーーーーイ!!!(脳天ブチ抜けるテンション)

④8K:(7680×4320) → キレーーーイーーー☆□%$@#○ーー!!!!!!(神の領域)

この③の脳天ブチ抜けるテンションでキレイってことねー!!と自分の中で解釈し、

 

「今のPC画面ってめっちゃキレイですね!」で話合わせてました。

その後も、そうなんですね~。すごいですね~。教えてくれてありがとうございます~。と話を区切っても、ずっとしゃべる!

わけわからん位話し合わせてたらヒートアップさせてしまい、さらにめっちゃしゃべってくる!笑

そんなこんなやっていると、後ろから熱視線(妹)を感じ始めたので、

お目当ての海外液タブないか質問しました。(はよ言え!)

 

ここでやっと、「何故、日本では海外の液タブが売っていなくてネットでしか買えないのか」

その理由はこちら!↓

・ほとんどの液タブは、日本生産(WACOM)を中心にしか取り扱っていない。

・海外メーカーは仕入れ価格が高くなるから売る時にさらに価格が上がってしまう。

・国内で買えたとしても機械自体に保証がないから、壊れた時は個人で海外のメーカーに問い合わせしてもらわないといけないので置いていない。(機械が故障しても日本で対応できない)

・液タブ海外製品のモノは、自己責任で購入するしか手段がないんですよ。

とすんなり教えてくれるじゃありませんか!

ねっこ
ねっこ

だからどこ行っても見当たらなかったのか!

めっちゃ普通にエンジェル対応に感動ーー!なんかそっけなくしてごめーん!!適当に話合わせててごめーーん!!!

というか、最初から早く聞けば良かったーーー!笑(だからはよ言え!)

なんで機械音痴なのに張り合ったんやろうな・・自分。

 

その情報をGETした私はWACOM製品の描き味と、最新のPC情報(機械に疎いから良く分からんかったけどね。)などを教えてもらって何も買わずに店を出ました。(普通に2時間半くらい居ましたよ。)

あの時のめっちゃしゃべるエンジェル店員さんが居なかったら、ずっと探していたな。

ねっこ
ねっこ

何も買わんかったけど、

親密になって教えてくれてありがとう。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、「何故、日本では海外の液タブが売っていなくてネットでしか買えないのか」まとめていくと、

1、ほとんどの液タブは、日本生産(WACOM)を中心にしか取り扱っていない。

2、海外メーカーは仕入れ価格が高くなるから売る時にさらに価格が上がってしまうから置いてない。

3、国内で買えたとしても機械自体に保証がないから、壊れた時は個人で海外のメーカーに問い合わせしてもらわないといけないので置いていない。(機械が故障しても日本で対応できない)

4、液タブ海外製品のモノを買う時は、自己責任で購入するしか手段がない。

よって、海外液晶タブレットは探しても見つからないでした!(福岡県内では)

結果、見つからないのでネットで口コミを見たり、実際に海外製品を使っている人に聞いてみたりしてじっくり検討する方がいいみたいですね。

 

私の場合は他社の海外商品の口コミを比較しまくって1週間くらいじっくり悩んで、今回の体験で学んだ後に購入しました。

道のりが長い先で買った液タブのレビューを書いたので、良ければ参考にどうぞ!

初めての液タブ「XP-Pen Artist16 Pro」買ってよかった。実際使用して良かった点、残念な点等書きました。
こんにちは、ねっこです。デジタルイラストを液晶タブレット(以下、液タブ)」で描こうとして液タブを選ぶ時、日本製品ののWacomにするか、海外製品のXP-PENするかHUIONにするか調べれば調べるほど沢山のメーカー名が出て迷ってしまいますよね。私もそうでした。

 

ねっこ
ねっこ

え?もしかして皆んな知ってたの?!

うそだ・・・それではまた!

コメント

error:右クリックはできません。申し訳ないです。